アジアに開かれた国際拠点都市 薩摩川内市

川内市

薩摩川内市(さつませんだいし)は九州の南西部、鹿児島県の北西部に位置し、本土区域と上甑島、中甑島、下甑島で構成される甑島区域で構成されています。

鹿児島空港、九州新幹線、南九州西回り自動車道等の交通インフラが充実し、国際物流拠点である重要港湾薩摩川内港を有する本市はグローバルなアクセスに優れています。

「市民が創り 市民が育む 交流躍動都市」の実現を目指して,新たなまちづくりを推進しております。


市民が創り 市民が育む 交流躍動都市を目指して

薩摩川内市長
薩摩川内市長

薩摩川内市は、鹿児島県北西部に位置し、南は鹿児島市・いちき串木野市、北は阿久根市と接しており、本土地域と甑地域で構成されています。東シナ海に面した変化に富む白砂青松の海岸線、市街地を悠々と流れる川内川、ラムサール条約に登録されている藺牟田池、風光明媚な長目の浜・トンボロ(陸繁砂洲)などの景勝地を有し、平成27年3月に国定公園に指定された甑島など、他に類を見ない独特の景観や地形が広がっております。また、心身の疲れを癒す温泉が各地に湧き出しています。

平成23年の九州新幹線全線開業、南九州西回り自動車の整備、国際定期コンテナ航路の開設等、社会基盤の拡充が図られており、優秀な人材も豊富です。さらに、薩摩川内市の企業立地に対する優遇制度では、電気料金が8年間、最大で全額が補助されるなど、他の地域には無い国の優遇制度、平成23年4月から大幅に拡充した市独自の優遇制度があります。

また、薩摩川内港は、中国をはじめとする東アジア地域に近い地理的優位性を有することから、釜山や台湾とを結ぶ国際定期コンテナ航路が開設され、年間1万9千TEU(平成 年)のコンテナを取り扱うなど南九州の交際物流拠点として、充実した港湾サービスを提供しております。最後に薩摩川内市の将来像である「市民が創り 市民が育む 交流躍動都市」の実現に向け、新たなまちづくりを目指す薩摩川内市への企業立地と薩摩川内港利用をよろしくお願い申し上げます。

入会・お問い合わせ窓口

薩摩川内市 商工観光部 商工政策課

〒895-8650 鹿児島県薩摩川内市神田町3番22号
TEL: 0996-23-5111(代表) / FAX: 0996-20-5570

当サイトからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ